ESSとは

ESS 〜Employee Satisfaction Survey〜

従業員満足度調査

「従業員満足度調査(ESS:Employee Satisfaction Survey)」は、北海学園大学 経営学部 増地教授(組織心理学)の協力を得て、開発した調査メソッドです。

従業員の業務に対する意欲や生産性の高さは、従業員の会社に対する満足度と深く結びついています。

しかし、ESは重要な経営課題であるにも関わらず、中小企業向けの従業員満足度調査は数少ないことから、当社では中小企業向けの「ESS」を開発し提供しています。

ESSの実施によって次の効果が見込めます。
  •  社員の本音がわかる
  • 従業員の本音はなかなか経営者へは伝わらないものです。従業員が会社に対しどのようなことを思い、期待し、仕事に取り組んでいるか。
  • ESSは、従業員の生の声を反映させ、本質的な問題点を明確にすることが出来るツールです。
  •  会社の問題点を共有できる
  • 50の設問により、従業員の「意識・意欲」のみならず、これからの方向性を決める「経営方針」の浸透度合い、従業員のやる気を引き出す度合いを見る「社風」、自社の商品力をどのように認識しているかを計る「商品」等、主要8項目からなる「経営の健康状態」を知ることが出来ます。
  • これにより、自社の強み弱みが明確化し、役員会や幹部会を利用しての共有、意識統一が図れます。
  •  問題解決へのアクションが容易になる
  • 会社の健康状態が明確になったとしても、具体的なアクションがなければ意味をなしません。  ESSは、自社のどの強みを伸ばせばよいか、また、どの弱みを問題として捉え、具体的に解決していく必要があるかをアクションプランに落とし込むことが可能なツールです。
  • 「キックオフ・ミーティングプログラム」を活用することで、弊社コンサルタントのアドバイスも取入れながら、より具体的なアクションプランを主要メンバーにて策定することも可能です。


資料請求ESとはなぜ、ESなのかESの勘違いESSとはESS 8つの視点調査費用調査の流れお客様の声よくある質問

会社概要プライバシーポリシー