[an error occurred while processing this directive]

ES(従業員満足度)が上がると、業績も上がる

企業業績には、社員の力が大きく影響します。社員の業務に対する意欲や生産性の高さは、「ES(従業員満足)」と深く結びついており、自社の営業、品質、生産性等に影響を与えています。

特にES(従業員満足)とCS(顧客満足)は、表裏一体の関係にあります。働く社員が不満な状態で、顧客に笑顔を見せろと言われても、引きつった笑いしか出ません。また、日々不満を持ち続けている社員からは、コストダウンや顧客満足につながるような改善提案が出なくて当たり前なのです。

満足度の高い社員が働くことで、顧客の満足度も向上し、その満足したお客様の声が社員に届くことで、社員満足度も向上するという好循環が生まれ、業績アップにつながるのです。

でも、ESって、福利厚生のことでしょ?

ES(従業員満足度)において、よくある勘違いが、「ESの向上=福利厚生」と考えてしまうことにあります。
福利厚生がよければ従業員は満足だと考えるのは短絡的ではないでしょうか。
従業員は何を求めているのでしょうか。特に企業業績を左右するキーパーソン(中核人材)が、会社に求めるものを知ると、福利厚生ではないことがよく分かります。
下図は、キーパーソンが、現在の会社に継続して勤務する理由を聞いたものです。

調査結果では、「仕事にやりがいや楽しみを感じているから」がトップであり、次が「自分の専門性や知識・ノウハウが十分に生かせる組織だから」となっており、福利厚生を求める声は少ないのが現状です。

福利厚生を充実させれば、従業員の満足度が上がるというものではありません。それよりも、もっと重要なことがあるのではないでしょうか。

まずは、自社のES(従業員満足度)を調査してみることから始めましょう。大抵は、経営者が思っていることと違う結果が出てくるものです。意外な社員の声に、業績向上のヒントが隠されているかも知れません。

お申し込みはこちら

ESS【従業員満足度調査】

「従業員満足度調査(ESS:Employee Satisfaction Survey)」は、北海学園大学 経営学部 増地教授(組織心理学)の協力を得て、開発した調査メソッドです。
従業員の業務に対する意欲や生産性の高さは、従業員の会社に対する満足度と深く結びついています。

しかし、ESは重要な経営課題であるにも関わらず、中小企業向けの従業員満足度調査は数少ないことから、当社では中小企業向けの「ESS」を開発し提供しています。

今回の無料版は、中小企業の中でも100人未満の企業に特化したサービスです。

ESSの効果

1. 社員の本音がわかる
従業員の本音はなかなか経営者へは伝わらないものです。従業員が会社に対しどのようなことを思い、期待し、仕事に取り組んでいるか。ESSは、従業員の生の声を反映させ、本質的な問題点を明確にすることが出来るツールです。
2. 会社の問題点を共有できる
50の設問により、従業員の「意識・意欲」のみならず、これからの方向性を決める「経営方針」の浸透度合い、自社の商品力をどのように認識しているかを計る「商品」等、主要8項目からなる「経営の健康状態」を知ることが出来ます。これにより、自社の強み弱みが明確化し、役員会や幹部会を利用しての共有、意識統一が図れます。
3. 問題解決へのアクションが容易になる
会社の健康状態が明確になったとしても、具体的なアクションがなければ意味をなしません。ESSは、自社のどの強みを伸ばせばよいか、また、どの弱みを問題として捉え、具体的に解決していく必要があるかをアクションプランに落とし込むことが可能なツールです。

※役員会等での訪問報告会は有料になります。

無料のESS(従業員満足度調査)って?

社員のアンケートを基に、会社がどんな状態にあるのかが分かります。

あなたの会社の状態は?

◇いきいき企業
従業員満足度が高く、かつ経営者との認識ギャップも小さい、継続的な成長が見込める企業です。定期的なチェックで高い成長率を維持しましょう。
◇まあまあ企業
従業員満足度はまあまあですが、継続的に成長できる企業になるには、もうひと息。ESSの各項目をチェックして、弱い部分を改善していきましょう。
◇ぼちぼち企業
従業員満足度も経営者とのギャップもほどほどの企業です。従業員も経営者も、ぼちぼちで満足していては今後の経営に不安が残りますので、改善しましょう。
◇だらだら企業
経営者の危機感に反し、従業員はぬるま湯で満足している状態。過去の栄光は忘れて、ゆでガエルになる前にESSをヒントに改善していきましょう。
◇すかすか企業
経営者が従業員の不満に気づいていない状態です。社外活動に忙しい自称カリスマ経営者に多い。手遅れになる前に従業員の声を聴きましょう。
◇ぐずぐず企業
従業員も経営者も問題点を把握しながら放置している状態です。概ね業績が悪く、ゆるやかな破綻に向かっています。早急に大きな改革に着手しましょう。
◇だめだめ企業
問題だらけの企業です。抜本的な改革をしなければ、近いうちに破綻するでしょう。

8つの視点

経営方針、意識・意欲、社風、上司、制度・環境、能力開発、商品、将来の8つの視点から従業員満足度を分析します。

質問項目別集計

50項目の質問に対して、それぞれ社員がどのような状態にあるのかを確認することが出来ます。

なぜ、無料でできるの?

A. システム化しているからです。

当社では数年前からESS(従業員満足度調査)を実施してきました。これまでの実績を基に、100人未満の企業向けに特化したシステムを構築しましたので無料で提供できるようになっています。

但し、無料で提供可能なのは「社員数100人未満」の中小企業に限ります。なお「詳細を分析した報告書が欲しい」「会社に来て幹部に報告会をして欲しい」という場合は有料になりますので、ご了承ください。

従業員100人未満の中小企業対象【ESS】従業員満足度調査 0円

お申し込みはこちら

お申し込みはこちらから

申し込みフォーム

は必須項目ですので、必ずご入力ください。英数字は半角で入力してください。

会社名*
フリガナ*
郵便番号
  (半角数字)  郵便番号を調べる
ご住所*
 
担当者名*
部署・役職
電話番号*
FAX番号
メールアドレス*
社員数*
(社長を除く)
 人
通信欄
(お問い合わせ等)