融資情報

2011.04.01

チャンス再び。2,000万円―再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)

<再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)>


■難易度 ★★★★☆(比較的困難)
■調達額 2,000万円(上限額)



<簡単に言うと>
 廃業した経験を持つ方が、新規に開業または事業開始後5年以内の場合に受けられる融資。廃業の理由が、無許可営業の摘発や違法行為による場合は適用されません。
 廃業したことについて、自己分析が出来ていることが重要。曖昧な事業計画で、二度廃業を繰り返す恐れがあると融資担当者に判断されては借りられるものも借りられません。一般の金融機関では融資を受けるのは難しいですから、明確な事業計画を準備して挑みましょう。


<融資額>
 2,000万円以内


<返済期間>
 (固定金利型)
 ・設備資金 15年以内      うち据置期間3年以内
 ・運転資金 5年以内(特例7年) うち据置期間1年以内

 (実績連動金利型)
 ・設備、運転資金  7年     うち据置期間2年

 ※据置期間とは、融資を受けた際に元金の返済を据え置き、貸付利子のみを返済すればよい期間。


<利用可能な方>
新たに事業を始める方または事業開始後おおむね5年以内の方で、次のすべてに該当する方
1.廃業歴等のある方
2.廃業時の負債が新たな事業に影響を与えない程度に整理される見込み等がある方
3.廃業の理由・事情がやむを得ないものである方(無許可営業の摘発など違法行為による廃業でない方)


<ポイント>
 融資を受けるためには、事業計画の策定が必要です。特に一度廃業を経験しているので、そこから何を学び、次の事業を成功させるのかを融資担当者に伝えることが必要です。
 事業計画は、あなたが始める事業の航海図となるもの。融資を受けることを目的化した事業計画にせず、実効性のある戦略を考えましょう。融資を受けることが目的ではなく、受けた融資を使って会社を成長させることを目的とした意味ある事業計画書を策定しましょう。


<実施機関>
日本政策金融公庫札幌支店 国民生活事業
〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目2-2 経済センター3階
TEL:011-231-9131 FAX:011-232-4558
URL:http://www.jfc.go.jp/k/

<制度詳細>
http://www.jfc.go.jp/k/yuushi/atarasiku/05_rechallenge_m.html

 

mailform.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>札幌市の中小企業診断士 ― 向上計画総合研究所 ― 資金調達(融資/補助金/助成金)支援