トピックス

2011.12.21

空き店舗出店で100万円−札幌市−

商店街の空き店舗への新規出店を促進し、商業機能の充実と集客力の向上を
図ることを目的とする事業で、空き店舗を借り上げて事業を始める方に対し
開業時にかかる経費の一部を支援する札幌市の制度。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
■対象となる者
市内の商店街の空き店舗を活用して、店舗(支店等)を開設する方、又は新たに
創業される方(個人・法人)で、下記の要件をすべて満たすことが必要です。
 
 □ 中小企業基本法第2条に定める中小企業者であること
 □ 申請から3か月以内(年度内)に開業し、具体的な事業計画を有すること
 □ 昼間の営業が1週間に概ね5日以上できること
 □ 開業までに必要な資格や許認可を有する見込みがあること
 □ 出店する区域の商店街から推薦等を得て、出店後、当該商店街に加入すること
 □ 市民税(個人市民税又は法人市民税)を滞納していないこと
 
 
■対象となる事業
□ 小売業  □ 飲食サービス業  □ 生活関連サービス業
□ 商店街組合が特に必要と認めた業種で、商業機能の充実につながる事業
 
 
■空き店舗の要件
この事業で対象となる空き店舗には、所定の要件があります。
□商店街が定めている街区(エリア)にある空き建物又は空き室で、道路に面した
 1階の物件が対象です。
□商店街は、街区を明確にしていることや、30人以上の組合員が近接していることが
 条件です。
 
※対象外となるものがあります。
 例)・別の商店街からの移転  ・都心地区にある物件
 
 
■補助金額
 事業開始のためにかかった初期費用のうち、補助対象経費の2/3以内の金額で、
 100万円を限度(千円未満の端数切捨て)。
 
■申込期間
【 第1回申請受付 】
平成23年12月21日(水)〜平成24年1月19日(木)
(第2回以降の募集は、平成24年3月以降に随時行う予定)
 
 
■詳細
札幌市 経済局 産業振興部 産業振興課 商業振興係
〒060-8611 札幌市中央区北1西2丁目 札幌市役所15階
電話:011−211−2372 FAX:011−218−5130
 
「商店街の活性化」(札幌市経済局産業振興課ホームページ)
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
>>札幌市の中小企業診断士 ― 向上計画総合研究所 ― 資金調達(融資/補助金/助成金)支援